神経突起の刈込現象

  1. 近藤洋平,高山祐三,星野隆行,我妻玲,深山理,満渕邦彦,“神経回路網の発達過程における活動特性解析と電気刺激による形態制御手法の開発,” 計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2013 論文集,2C3-2 (口頭発表),慶応大学日吉キャンパス (神奈川),2013.09.13.

筋線維形成の制御

  1. Yuzo Takayama, Akira Wagatsuma, Takayuki Hoshino, Kunihiko Mabuchi, Biotechnology Progress, Accepted, (2014). ]]

逆超離散化された拡張トロピカル多項式の重ね合わせによる空間パターン形成の解析

セルオートマトンと類似した時間発展パターンを解として持つ偏微分方程式を導出する手法として逆超離散化がある。本研究では逆超離散化においてセルオートマトンのルールが拡張トロピカル多項式で記述できれば重ね合わせの原理が成り立つことを証明した。また、その応用としてエレメンタリーセルオートマトン、二次元スパイラルパターンを形成するセルオートマトンから対応する偏微分方程式(フィルター関数などを含まない)を導出し、そのダイナミクスを解析した。

  1. 吉井理比古,(発表予定)
  2. 吉井理比古,”Analysis of spatial pattern formation in nature by superposition of inverse ultradiscretized extended tropical polynomials”,修士論文,(2014).

Last-modified: 2018-05-10 (木) 16:43:58 (574d)