認知情報型インタフェース

ヒトが運動計画した際に生じる事前的な不随意の運動を計測し、脳が計画している運動を事前に予測する認知情報型インタフェースを構築することを目指しています.神経系の制御ループ内に組込まれている筋と末梢器官には,「感覚・中枢神経系の予測的な信号処理がコーディングされている」と考えられる.これに基づき,神経系の「予測制御」を予測することで、非侵襲的な表面筋電位などの末梢器官の情報から脳内で処理される主観的な空間認識や意思・意図に近い情報を得るものである.

  1. Kensuke Miyazaki, Kunihiko Mabuchi, Takayuki Hoshino, “Control of Pre-Landing Activation in Lower Extremities without Knowledge of the Stepping Height,” The 36th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2014), TD18.9, Chicago (USA), (26-30 August, 2014) (Poster).
  2. 星野隆行,内田翔太,深山理,満渕邦彦, "視空間を推定する認知情報型インタフェース," 第31回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2013AC2F1-06 ,首都大学東京,2013.9.05.
  3. Takayuki Hoshino, Masanori Tomono, Takafumi Suzuki, Makoto Shimojo, and Kunihiko Mabuchi, "A Gate Support System for Human Locomotion without Holding Lower Extremity: Preliminary Design of Mechanism and Control, The 28th Annual International Conference IEEE Engineering in Medicine and Biology Society New York, FrBP11.3, pp.2950, Sep. 1 2006
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17946538

Last-modified: 2018-05-10 (木) 16:43:58 (574d)